閉じる
閉じる
閉じる
  1. カラミざかり 第13話 これからめっちゃくちゃセックスするんだろうなー…
  2. カラミざかり 第12話 3人で手つないで行かない?
  3. カラミざかり 第11話 ねえねえ、俺らもヤラしてよ
  4. カラミざかり 第10話 すげーだろ?開発しちった
  5. カラミざかり 第9話 問題です。どっちがどっちでしょう?
  6. カラミざかり 第8話 あんたも罪な男だね
  7. カラミざかり 第7話 ちょっとさ、2人で舐めてよ
  8. カラミざかり 第6話 放課後、またウチでさ。。。
  9. カラミざかり 第5話 いっぱい出たね
  10. カラミざかり 第4話 おっぱい。。。さわって。。。
閉じる

カラミざかり 全話ネタバレ 桂あいり最高

カラミざかり 第11話 ねえねえ、俺らもヤラしてよ

 

すぐにでも無料で読みたいあなた!

下の画像をクリックして画面が変わったら

「無料立ち読み」をクリック!


その先が読みたくなったら、、、

お得なBookLive!コミックへご登録してみてください。

今なら1ヶ月無料のキャンペーンやってますよ!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1.png

※ネタバレありなんでそれでもというあなたはどうぞお読みください!


第10話のネタバレ復習したい方はこちらへ

第10話 すげーだろ?開発しちった

さあ、夏祭りだ!

高成(コウセイ)以外はみんな浴衣www

なんか最初から仲間外れ。。。

だけど、、、

里帆(リホ)の浴衣が見れたからOK!みたいなwww

「久しぶりー!予備校で頭良くなった?w」

いや、わかんねーし、それに2週間行ったくらいで頭良くなったら

予備校つぶれてるわw

と思ってしまったwww

全員集まってからは

スーパーボールすくい、射的、わたあめなど、高校生らしく楽しんでいる

エロ要素がどこにもないぞと思ってしまったwww

玉入れで野球部の実力を見せつけようとしたところ

野球部の先輩に見つかってしまったwww

「もう治ってんじゃん、明日から練習来いよ!!」

上下関係が厳しい野球部、、、

先輩から言われてしまった、、、

地獄だ、、、

朝から晩まで練習漬け、、、

セックスできない、、、

、、、よし!ヤリ溜めしよう!

ん?

ざまーみろと思ったのに、またこのサルは、、、www

こうなったら貴志(タカシ)を止めるのは誰もいないwww

神社裏の林に移動して

智乃(トモノ)の浴衣をはいで乳を吸いだした、、、

そして手マンを開始www

「誰かくるかもしれない」

高成(コウセイ)ソワソワ、、、

里帆(リホ)ソワソワ、、、

それを尻目に貴志(タカシ)は智乃(トモノ)のマンコにバックから挿入www

「ズブッ、ズブッ、パンッ、、パンッ、、パンッ、、、、」

人気のない神社裏で生々しい音が高成(コウセイ)と里帆(リホ)の耳に入る

気が付くと

高成(コウセイ)が里帆(リホ)の浴衣に手を忍ばせる、、、

里帆(リホ)とディープキス開始!

高成(コウセイ)よ、積極的になったなーwww




貴志(タカシ)が絶頂を迎える、、、とその時!

「さっきの奴、全然金もってなかったな」

ここでニューキャラ登場!

やべー野球部のOB、木戸とその仲間

上下関係が厳しい野球部だから、しっかり挨拶する貴志(タカシ)

イク直前だったから生き地獄だろうなwww

「お前ら、ヤッてたんか、俺らもヤラせろよ」

貴志(タカシ)の先輩は里帆(リホ)をロックオンwww

オドオドする高成(コウセイ)

「向こうでハメハメしよーぜ」

連れ去られる智乃(トモノ)と里帆(リホ)

高成(コウセイ)は勇気を振り絞って

「やめてください!」

はい、みぞおちにストレート!!

「誰にモノいってんだ!」

まあ、帰宅部の予備校なら勝てるわけないかw

「ちゃんと見張ってろよ」

貴志(タカシ)は先輩に逆らえない、、、

高成(コウセイ)は頑張ろうとしているが貴志(タカシ)は、、、

気弱サルwww

もう智乃(トモノ)と里帆(リホ)は犯され始めている、、、

さあ、どうする???

本格的に里帆(リホ)に生チンポ挿入直前に、、、

高成(コウセイ)再チャレンジ!、

顔面ばっこーん!!!

そしてフルボッコ。。。

予備校生意識失う。。。

そうなるわなw

再度オドオドする貴志(タカシ)w

サルの人間性が垣間見えた一面でもある。

智乃(トモノ)のヘルプ(叫び声)でことなきを得たが、

そして違う展開に、、、

 

次へ続く




関連記事

  1. カラミざかり 第13話 これからめっちゃくちゃセックスするんだろ…

  2. カラミざかり 第12話 3人で手つないで行かない?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る