閉じる
閉じる
閉じる
  1. カラミざかり 第13話 これからめっちゃくちゃセックスするんだろうなー…
  2. カラミざかり 第12話 3人で手つないで行かない?
  3. カラミざかり 第11話 ねえねえ、俺らもヤラしてよ
  4. カラミざかり 第10話 すげーだろ?開発しちった
  5. カラミざかり 第9話 問題です。どっちがどっちでしょう?
  6. カラミざかり 第8話 あんたも罪な男だね
  7. カラミざかり 第7話 ちょっとさ、2人で舐めてよ
  8. カラミざかり 第6話 放課後、またウチでさ。。。
  9. カラミざかり 第5話 いっぱい出たね
  10. カラミざかり 第4話 おっぱい。。。さわって。。。
閉じる

カラミざかり 全話ネタバレ 桂あいり最高

カラミざかり 第10話 すげーだろ?開発しちった

すぐにでも無料で読みたいあなた!

下の画像をクリックして画面が変わったら

「無料立ち読み」をクリック!

その先が読みたくなったら、、、

お得なBookLive!コミックへご登録してみてください。

今なら1ヶ月無料のキャンペーンやってますよ!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1.png

※ネタバレありなんでそれでもというあなたはどうぞお読みください!

第9話のネタバレ復習したい方はこちらへ

第9話 問題です。どっちがどっちでしょう?

性欲に負け、予備校を途中で抜け出した高成(コウセイ)w

貴志(タカシ)の家に向かい

偶然にも開いていた扉から不法侵入www

いつものセックス部屋に向かうと、、、

貴志(タカシ)と里帆(リホ)が裸で、、、

里帆(リホ)が貴志(タカシ)のチンコをフェラしていた!

里帆(リホ)は貴志(タカシ)の言われるがまま

乳首舐められながらの手コキwww

もう高成(コウセイ)爆発寸前www

「ギシっ、、、」

二人にのぞき見がばれちゃったwww

勝手に上がったことを弁明する高成(コウセイ)がしどろもどろwww

「予備校休みでさ。」

いや、休みなら朝からヤッてるだろwww

「だったら早く言えよー」

裸で普通に会話する貴志(タカシ)

俯く里帆(リホ)。。。

恥ずかしかったのかな???

「智乃(トモノ)が旅行でいないからさー」

「ずっと二人だったんだよ」

それを聞いて固まる高成(コウセイ)。。。

「、、、ずっと二人、、、」

ヤリたい放題やんwww

「こーせー、おもしろいもん見せてやるよ」

???

里帆(リホ)は乗り気でないのにそれを制止する貴志(タカシ)w

良からぬこと考えてやがるなwww

足を開いた里帆(リホ)

マンコに指を入れた貴志(タカシ)

ぬちゅんちゅと高速で動かしだした!

「見てろよ!」

顔を真っ赤にして耐える里帆(リホ)。。。

そして、、、

「------っ!!!」

プシャーーーーーーー!!

潮吹き開発しやがったwww

高成(コウセイ)茫然www

そしてその流れでセックス開始!!

超敏感になってるマンコに挿入、、、

そりゃあね、、、サイコーよ、あんたwww

二人を見守る高成(コウセイ)、、、ってなるかwww

高成(コウセイ)ついに限界突破!

いつのまにかベットに近づき、自分のチンコを準備www

早く舐めろよと言っているかのように里帆(リホ)に差し出す

それに答えるかのように里帆(リホ)フェラ開始www

そして夕方になり、、、

さすがの貴志(タカシ)もヤリつくし賢者モード状態

ただ、、、

高成(コウセイ)は元気いっぱいwww

「そろそろ母ちゃん帰ってきるんだけど」

貴志(タカシ)がストップを要請www

しかし、、、

今の高成(コウセイ)は止められないwww

今までできなかったうっ憤をはらすかのようにヤリ続ける

何度も何度も、、、

まるでオレに内緒であいつとばっかヤリやがってと聞こえてくるみたいに、、、

その後、、、

予備校をサボったことがバレて、、、

めっちゃ怒られ外出禁止令が施行された、、、

予備校を除いてwww

高成(コウセイ)は性から再度離れ、他の3人はというと、、、

「夏祭り、みんなで行かない?」

3Pやりながらなんちゅう会話してんねんwww

そして時は過ぎ、夏祭りへ、、、

第11話 ねえねえ、俺らもヤラしてよ はこちら!

関連記事

  1. カラミざかり 第8話 あんたも罪な男だね

  2. カラミざかり 第6話 放課後、またウチでさ。。。

  3. カラミざかり 第9話 問題です。どっちがどっちでしょう?

  4. カラミざかり 第7話 ちょっとさ、2人で舐めてよ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る